ダーマペンは、微細なマイクロ針によって肌に垂直に高密度で穴をあけてコラーゲンを増やしたり、真皮にヒアルロン酸などをいれることのできるアメリカFDA承認の医療機器です。

ニキビやくすみ、毛穴の開きに短時間で有効とされることからとても人気ですが、エステ店で施術をすると平気で2万円前後することから個人輸入を検討する人は多いです。

そこで今回は、ダーマペンの個人輸入は可能なのか、可能だとしたらどれだけ安く買えるのかを調査したのでご紹介します。

ダーマペンは個人輸入可能?

結論から言うと、ダーマペンは個人輸入可能です。しかし、その際に厚生労働省の公式ページでは次のように注意を促しています。

個人輸入した医薬品等を、他者に販売、授与等した場合、医薬品医療機器等法の規定に違反するおそれがあります。医薬品等を営業のために輸入する場合には、医薬品医療機器等法に基づく承認・許可等が必要となります。 厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」より引用)

個人輸入はあくまでも自分で使うためにはOKですが、販売目的だけでなく他者にあげる場合も医薬品医療機器等法の規定に違反するおそれがあるので注意が必要というわけですね。

また、個人輸入した製品に関しては次のような記載があります。

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、体外診断用医薬品又は再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)を、海外からインターネット等を利用して取り寄せ、又は外国の旅行先で購入して持ち帰る等(いわゆる個人輸入)して、使用される方がいらっしゃいます。
しかし、そうした医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、次のような保健衛生上の危険性(リスク)があります。

ダーマペンもこの中の「医療機器」に該当するものと思われ、海外から取り寄せた場合はリスクがあるので注意をしてください、との内容です。リスクの内容についてまとめると、次のようになります。

  • 国内で正規流通しているものは有効性・安全性の確認はされているが、個人有乳の外国製品にはそのような保証がないこと
  • 期待する効果が得られなかったり有害な物質が含まれている場合があること
  • 不衛生な場所や方法でつくられたかもしれないこと
  • 機能や効果を誇大にしているかもしれないこと
  • 偽造製品かもしれないこと

このように、個人輸入する場合はその製品の危険性と必要性をよく考えたうえで購入しましょう。クリニックなどでは医師がいるので安心ですが、個人輸入の場合は何か起こったら自己責任だということを理解しておく必要があります。

個人輸入の方法は?

ダーマペンの個人輸入の方法については、次のような方法があります。

  1. 楽天やヤフーショッピングなどで買う
  2. 個人輸入代行ショップで買う
  3. ebayで買う
  4. セカイモン(ebayの日本語版)で買う

それでは、詳しく各方法を見ていきましょう。

1. 楽天やヤフーショッピングなどで買う

通販で買うにしても、あまり名の知れていないところよりは楽天やヤフーショッピングなど一般的に聞いたことのあるところで買う方が安心だという方も多いと思います。値段を見るとおおよそ次のような値段で買うことができます。

ダーマペンの替えチップ1個500円(税込、送料無料)~

ダーマペン本体1個6,640円(税込、条件付き送料無料)~

2. 個人輸入代行ショップで買う

個人輸入代行ショップは、商品代金のほかに通常はかかる国際輸送料金や輸入代行手数料などがかかります。店舗によって異なりますが、一般的には次のような代金が発生します。

  • 商品代金
  • 国際輸送費用(保険料付、無しを選べる場合もある)
  • 輸入諸費用(通関費用や関税、輸入消費税など)
  • 国内輸送費用
  • 輸入代行手数料(最低数千円、商品代金の20%など)

また、為替レートによっても変動するので色々な要素が複雑に混ざり合って、個人でその金額が適正なのかを調べるのはかなり面倒であることが多いです。さきほどご紹介した楽天やヤフーショッピングなどでのダーマペン本体料金が6千円ちょっとですから、店舗ごとに異なるとはいえ輸入代行手数料だけで数千円いくので、この個人輸入代行ショップでのダーマペン購入は最安とは言えなそうです。

以前はいくつかの個人輸入代行ショップでダーマペンを購入できたようですが、現在ではダーマペンについて取り扱いをしていないところが多いです。

以前ダーマペンを取り扱っていた個人輸入代行ショップ大手のオオサカ堂で購入した、というブロガーもいらっしゃいましたが、以前使えていたオオサカ堂のホームページを見ると次のような記載がありました。

誠に勝手ながら、本URLでのサービスを停止いたしました。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

オオサカ堂は1997年登場以来、価格も適正で送料無料の商品も多くあって人々の信頼を寄せていましたが、国際監視機関であるレジットスクリプトがオオサカ堂の商品についての表現について「薬機法違反をしている」との注意喚起をしており、これが何らかの影響を及ぼしたものと考えられます。

このように、個人輸入代行ショップでは突然サイトが閉鎖されたり、悪質なところだと偽造品や低質な製品を扱っていることもあるので注意が必要です。

3. ebayで買う

ebayは世界最大級の通販/オークションサイトで、インターネット上で個人売買を行うことができます。ヤフーオークションの世界版のようなものといえばイメージしやすいでしょうか。日本にもebay.co.jpであるにはありますが、ヤフオク独占しているためあまり認知度は高くありませんね。ebayでは世界各国版があるため世界でのシェアはトップクラスで、日本にはないものが時には破格の値段で手に入ることもあります。ebayの特徴としては次のようなことが挙げられます。

  • 日本にはあまりないような珍しいものが手に入る
  • 日本の方が安い場合もある
  • 通常1~3週間程度で届くが、郵便事情で届かないこともある
  • 詐欺的な出品者もいる
  • 自分の商品を海外向けに売ることができる

コレクションをしている人にとっては、ebayを使って入手できるのはとても嬉しいですよね。しかし、写真と全く違って古かったりお金だけ持ち逃げする詐欺的行為を働く人もいるため、ここは自己責任で行う必要があります。こうした詐欺的行為を働いたユーザーはebay側がIDを削除するなどの管理はしているので全く信用できないわけではありませんが、日本と同じように評価は入札前に必ず確認するようにしましょう。

ebayでダーマペンを買う場合は、ebay.comの方でebay.co.jpの方ではありません。ebay.co.jpで「ダーマペン」と検索しても出てこないので、ebay.comで「auto derma stamp」と検索するとたくさん出てくるので見てみてください。

ebayのサイトはこちら

ebayでは、「JPY2000」のように日本円での表示があり、sortのタブをクリックして「price+shipping lowest first」を選ぶことで商品の価格と郵送品が最安の順に並べることができます。日によって最安が違うのでここではいくらと明記することは難しいですが、安いものだと2千円台からありました。

さきほどもご紹介したように出品者の評価や出品場所などをしっかり確認をしてから購入することに加えて、コンセントと電圧はどうかをしっかり確認しましょう。(ダーマペンの場合は「type」でプラグがどうか、ということですね)日本のコンセントと電圧の規格にあってないと使えないので、そういった記載や写真が添付されていないものは避け、説明がしっかりされていて商品写真が多いものを優先して選ぶようにするといいですね。

ダーマペンの場合は、替えチップもセットで出品されている場合もあるのでかなりお得に購入できる場合があります。

ebayで購入をする場合は「buy it Now」をクリックした後でebayを初めて利用する人は「continue as a guest」ボタンをクリックして名前や住所、emailアドレスなどを記入します。登録したら、送り先や個数、送料などを確認して「continue」をクリックしてpaypal決済で終了です。

4. セカイモン(ebayの日本語版)で買う

さきほどのebayの内容を見て、安いけど英語はちょっと苦手だな・・・という方もいると思います。そこで、ebayの公式日本語サイト「セカイモン」もご紹介しておきましょう。セカイモンの特徴は、次のようになります。

  • 購入手順はebayと同じ
  • サイト内の表記はすべて日本語
  • 出品者への質問も日本語でできる
  • 商品金額や国際配送金額も細かく表示

これだけ見ると、「だったらebayじゃなくて絶対セカイモン使うでしょ」と思いますよね。しかし、セカイモンでは商品手数料が+で500円以上かかり、取扱ショップもアメリカやイギリス、ドイツのショップに限定されるためebayより割高になる傾向があります。

実際、ebayの安さを支えているのは中国を始めとした国があるからで、欧米諸国は少し高い傾向にあります。セカイモンで「derma stamp」と検索して出てきたダーマペン本体の価格はセカイモンでは4千円前後と、やはりebayよりは1~2千円高くなっていました。

一番安い個人輸入方法はどれ?

4つのダーマペンの個人輸入方法をご紹介しましたが、一番安い個人輸入方法はebayで購入することでした。英語表記とはいっても「price」や「shipping」、「continue」など優しい英単語で書かれているので、そこまで訳が分からなくなることはないと思います。

しかし、安さだけにとらわれるのではなく出品者の評価やコンセントの規格や電圧をしっかり調べて、偽物や低品質なものがきても自己責任だということを理解したうえで購入するようにしましょう。

ダーマペン購入についてのまとめ

ダーマペン購入についてご紹介してきたことをまとめると、次のようになります。

  • 楽天やヤフーショッピングなどでも購入は可能
  • 個人輸入代行ショップは突然サイトが閉鎖などのリスクもありあまりオススメできない
  • ebayは安さはずば抜けているが、出品者の評価などをしっかり確認する必要がある
  • セカイモンは日本語で書かれていて分かりやすいが、手数料などでやや割高
  • ebayが一番安くダーマペンを個人輸入できる

大手スーパーなどで売っていないものを買う場合は安全性についてやや不安が残るので、自己責任だということを必ず認識して購入し、皮膚の炎症など何か起きたらすぐにクリニックに行って処置をするようにしてくださいね。