ミュゼ 100円キャンペーン

ミュゼといえば、店舗数や売上、顧客満足度などの部分で連続No.1(東京商工リサーチ調べ)を記録している美容脱毛サロンで、24時間受付可能なアプリ「ミュゼパスポート」や全国で180店舗以上ある店舗を自由に行き来できるなどのサービスも強みで、顧客と店舗を今も拡大中です。

そんなミュゼはたびたび目からうろこのキャンペーンを次々と発表していて、今回ご紹介するのもその一つ「100円脱毛」です。

「100円だからそんなにサービスは良くないんだろうなぁ」と思ったら大間違いで、利用者の満足度も高いと評判なんですね。

今回は、そんなミュゼの100円脱毛のサービス内容や注意点、施術の流れなどをご紹介します。

★チェック⇒ミュゼ公式

100円脱毛のサービス内容や注意点は?

ミュゼの100円脱毛は、両ワキとVラインを何度でも脱毛が可能です。

期間や回数は無制限で、毛の量が多い、毛質が硬いなど関係なく毛が生えてこなくなるまで何回でも施術を受けることができるんですね。

Vラインのシェービング範囲としては、股下の中心から横一直線に10cm、腰骨のラインに向かって10cmになり、紙ショーツを履いたまま手入れをしてくれるので恥ずかしくありません。

そんな100円脱毛ですが、注意点としては次のようなことが挙げられます。

  • 16歳以上であること
  • 手入れには1回では効果はでにくい
  • 初めてミュゼを利用する方限定
  • Vラインはサイドのみ

16歳以上であること

ミュゼの100円脱毛は16歳以上であることが必要で、16歳未満の場合は通常の「両ワキ+Vライン美容脱毛6回コース」になります。

未成年だけでも初回カウンセリングを受けることはでき、そこでカルテの作成やミュゼの脱毛システム、メニューの提案も行います。

ただし、契約の際は親権者や法定代理人などの保護者の同意書が必要になり、同意書には保護者の関係性や住所、指名、生年月日、電話番号などを書く必要があります。

また、この同意書の他にも電話確認があるので、未成年だけでは契約することができないシステムになっています。

1回では効果がでにくい

ミュゼは毛の周期に合わせて、肌にやさしいS.S.C.方式(スムース・スキン・コントロール)の美容脱毛を行っています。

イタリアの美容脱毛会社が日本のマーケット専用に開発した特殊なライトとジェルを組み合わせて脱毛していくのですが、このジェルに抑毛成分だけでなく美白効果のある植物由来のエキス(尿素やサリチル酸、セイヨウシロヤナギエキスなど)が含まれているため、肌にとてもやさしく毛を薄くしていくわけですね。

毛の周期は「成長初期」→「成長期」→「退行期」→「休止期」と繰り返すため、2週間以上の間隔を空けて5~6回程度で効果が出る人が多いです。

この100円脱毛は期間は関係ないので、自分のペースで行けるところは嬉しいですね。

初めてミュゼを利用する人限定

だれでも100円で脱毛ができるわけではなく、初めてミュゼのサービスを利用する人限定になります。

また、この100円脱毛は無料カウンセリング予約をウェブで行うことで受けることができるので、電話ではなく必ずウェブから行うようにしましょう。

Vラインはサイドのみ

100円脱毛ではVラインのみの施術になり、IラインやOラインは施術対象外です。

ミュゼでは「Vラインプレート」という逆三角形のプレートをプレゼントしてくれるので、これをアンダーヘアにあててはみ出た部分を脱毛していくことになります。

★チェック⇒ミュゼ公式

ワキとVライン脱毛のメリットは?

ワキ

ワキ脱毛は、女性にとって特に気にするワキの毛をキレイにする施術で、メリットとしては次のようなことが挙げられます。

  • 処理時間がなくなる
  • 脇下の黒ずみやブツブツの解消
  • ノースリーブなど露出の高い服を気軽に着ることができる
  • ワキの嫌なニオイの解消

処時間がなくなる

男性から「ワキの処理をしっかりしていないと少しガッカリする」という声もあるように、露出が多くなる夏だけでなく春、秋、冬と一年中お手入れをする必要がでてきます。

毎日お手入れしている方もいますが、仕事や家事、子育てに追われてなかなか時間がないという女性も多いでしょう。

そんな忙しい毎日を送る女性の救世主ともいえるのが脱毛で、特にワキは女性にとって気になる部分の上位に入ってきます。

それが100円でできるわけですから、逆に安すぎて怪しむ人もいるくらいです(笑)

脇下の黒ずみやブツブツ解消

ワキは身体の中でも顔と同様に皮膚が薄く、痛みを感じやすい部分です。

ワキ毛の処理方法には、カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、家庭用脱毛器などで処理をしている人もいますが、特にカミソリや毛抜きでは毛が埋まってしまったり、皮膚が黒ずんだりしてしまう原因になるのでやめましょう。

一番マシなのは電気シェバーで手短にやることですが、長い毛のまま剃ると毛穴の炎症を引き起こしたり、電気シェーバーをしっかり手入れをしないと刃が欠けたり錆びたりして毛を巻き込む原因になってしまうので手間がかかってしまいますね。

また、根本から毛を抜いてしまうとニオイの原因である汗や皮脂が毛穴にたまりやすくなり、ワキガになってしまう可能性もあります。

ノースリーブなど露出の高い服も気軽に着ることができる

春先に暖かくなったからノースリーブを着たら脇毛がはみ出していた・・・なんてことになると露出の高い服装を敬遠してオシャレの幅も狭くなってしまいますよね。

脱毛をしていれば、いつどこでどんな服を着ても安心して外出出来ますし、異性にも自信を持って話をすることができることでしょう。

ワキの嫌なニオイの解消

ワキのニオイは男性というイメージですが、これは女性でも同じです。

特に夏場は汗がたまりやすく、ムレやすいため雑菌が繁殖しやすい場所でもあるので、制汗剤などを持ち歩いている人もいますよね。

さきほども触れたとおり、毛の処理方法によってはワキガになってしまう可能性もあり、そうなると治療費用が高くつくことになるのでやっかいです。

プロに任せて脱毛しておけばそういった余計な心配をすることもなくなるという意味でも、ワキの脱毛はオススメです。

Vライン

Vライン脱毛のメリットは、なんといっても大胆なデザインの水着や下着を自由に選ぶことができることです。

プレゼントされるVラインプレートを当ててみるとはみ出る範囲が意外とあって驚くことも結構あり、それだけ多くの人がムダ毛が多い状態にあるということでもあります。

Vラインは自己処理でも可能ですが、デリケートな部分でしかも毛が太い部分なのでチクチクしたり肌荒れの原因になりやすいです。

しっかりとプロの施術で痛みが少なく肌トラブルも少ない方法でキレイにしたいところです。

★チェック⇒ミュゼ公式

100円脱毛の流れ

100円脱毛だからといって手抜きということはなく、通常の脱毛の流れと同様しっかりとサービスをしてくれます。

それぞれの流れを見ていきましょう。

  • 受付後、担当のスタッフと施術部屋へ移動

清潔感あふれるシンプルな雰囲気で、施術の流れや着替えについて簡単に説明を受けます。

  • 着替えなどをして準備

ブラジャーはそのままで、Tバックの紙パンツを履いて巻き巻きのガウンを着て待機をします。

Tバックの紙パンツは使い捨てで、前後どちらでも履けるタイプになっていて、デザインや質感はどこの店舗でも同じようなものになります。

スタッフは何千人も施術をしているプロなので、淡々と施術をしてくれるのでそこまで恥ずかしくなる必要はなく、中にはこの紙パンツを履かない人もいるようです(笑)

しばらくするとスタッフが準備ができたかどうかを確認しにきてくれ、準備ができていれば施術部屋に移動します。

  • 施術

台の上に横になって、一通りの流れを説明してくれます。

ミュゼの脱毛はS.S.C.方式(スムース・スキン・コントロール)で特殊な光とジェルを利用して脱毛していきます。

そのため、光から目を保護するためのゴーグルを清潔な紙シートを目の上に覆った上から使用します。

この光は、ジェルに含まれる美容成分と抑毛成分を中から出すために使われる光で、施術をしてくれる人はゴーグルをしないので危険な光ではありません。

ジェルを塗って保冷剤で冷やした後、脱毛マシンをワキとVラインにあてて約1~2分程度で終了です。

とても早いですね!

  • クールダウン

マシンをあてた後は、また保冷剤を使って肌をクールダウンさせていきます。

マシンをあてる時間自体は1~2分と短いですが、クールダウンに時間をかけるイメージだと思っておきましょう。

  • 注意点などの説明

最後に、施術後の注意事項を説明してくれます。

具体的には、体温を上げるようなこと(「アルコールの摂取」「施術前後10日以内の予防接種」「手入れをした箇所の日焼け」「湯船につかる」)をしないということです。

脱毛後というのは軽い火傷のような状態なので、それ以上肌を熱くしてしまうと炎症がひどくなってしまうリスクがあるからですね。

脱毛が終わった後も、ミュゼから「お手入れ後の注意事項」がくるので、それを見ながらやっていいことと悪いことが分かるのも安心ですね。

  • 着替えて、次回予約

サロン側がこの日に来てください、というのではなく自分でだいたい2ヶ月後くらいのこのへん、というように決めていきます。

全部合わせて30分程度で終了するという早さです。

施術をしてから10日~14日くらいで新しく生えてきた毛がサラっと抜けていく人が多く、お風呂などで洗ったり普段の生活の中で拭いたりしても落ちていくような感覚です。

★チェック⇒ミュゼ公式

よくある質問

施術当日の持ち物は?

ミュゼで脱毛をする場合は、契約内容などの情報が分かる会員カードを持っていくか、アプリをダウンロードしている人はスマートフォンなどを持っていきましょう。

100円脱毛の場合はワキとVラインなので、メイクを落として施術をするわけでもないのでメイク道具は特に必要ありません。

ただし、横になったときに髪のくずれが気になる人はヘアグッズを持っていくことをオススメします。

どんな服装で行けばいい?

100円脱毛の場合は、紙パンツに着替えるだけなので特に服装の規定はありません。

ただ、なるべくトータル時間を短くしたい場合は、早く着替えられるような服装にしておくと良いでしょう。

カウンセリング当日に施術はできる?

カウンセリング当日は施術ができません

カウンセリング時は、下のような流れを約50分間行った後、100円脱毛の契約時の100円を支払います。

  1. タブレットでサービス内容を確認
  2. 個人情報を入力
  3. ムダ毛の処理方法や脱毛の仕組みについて
  4. 次回以降の予約について
  5. 質疑応答

カウンセリングと施術日が異なるのは、次の自己処理にも関係してきます。

事前のムダ毛の処理は必要?

当日は、他の施術同様に自己処理が必要です。

そのために、カウンセリングとは別日に設定されているわけですね。

ミュゼでは、全身の自己処理のポイントをまとめた「自己処理箇所別ワンポイントバドバイス」もくれるので、それに従っていけば簡単に自己処理ができます。

自己処理は基本的に肌を傷つけにくい電気シェーバーをオススメしていますが、ミュゼでしか買えない電気シェーバー「フェリエ」は、パナソニックと共同開発した安全かつキレイに剃れるものなので特にオススメです。

サロンで直接購入すると税込で3,477円、ネットだと送料込で3,780円になり、無料カウンセリングのときにお試しでも使用できるので相談してみるといいですね。

本当に100円だけ?勧誘はないの?

脱毛が一般化して料金も業界全体で安くなってきているとはいえ、100円ときくと疑う人もいると思います。

もちろん、ミュゼ側は100円で利益を生み出そうとは思っておらず、「実際に雰囲気を感じてみたい」「サービスを安くで受けてみたい」といった人に気軽に受けてもらって、そこから次につなげようという狙いはあります。

したがって、感想を聞かれて純粋に「良かったから、他の部位もやってみようかな」ということであれば、その旨を伝えれば色々なコースの提案はされます。

この感想を聞かれたときに「検討します」のように曖昧な返事をすると、ミュゼも1企業ですから当然勧誘をしてくる可能性はありますよね。

したがって、実際に体験してみてやっぱり自分とは合わない、と感じたのであればしっかり断るようにしましょう。

意志がないのに無理やり勧誘されることはなく、それはミュゼの公式ホームページでも明言しているので安心してください。

まとめ

今回ご紹介した内容をまとめると、次のようになります。

  • 100円脱毛は、16歳以上で始めてミュゼを利用する人限定で、Vラインはサイドのみの施術
  • ワキはニオイや黒ずみ、ブツブツの悩みから解消される
  • Vラインは大胆な水着など露出の高いものでも気軽に着られる
  • 100円脱毛はトータル30分ほどの施術だが、内容はしっかりしている
  • 強引な勧誘はないが、感想のときにハッキリと自分の意志をつたえる

最近はワンコインで脱毛できるキャンペーンをうつサロンも増えてきましたが、100円でここまで期間の限定もなくずっとできるサービスをうっているところは珍しいです。

それも、ミュゼのサービス力に自信があるからということがいえ、質の高いサービスに料金とのギャップを感じることと思います。

是非100円でミュゼの質の高いサービスとアットホームな雰囲気、清潔な空間を感じてみてくださいね!

★チェック⇒ミュゼ公式