カラオケといえば、遊びや飲み会の2次会などで誰もが一度は行ったことがある定番中の定番ですよね。そんなカラオケですが、声を震わすビブラートを出せれば腹筋を鍛えられてダイエット効果も期待されて一石二鳥の遊びでもあります。「ビブラートなんてプロの歌手じゃないと出せないでしょう」と思っている人も多いですが、実は練習すれば誰にでも出せるようになります。そこで今回は、カラオケダイエットの効果やコツ、ビブラートの出し方や練習方法などをまじえてご紹介していきます。

カラオケダイエットの効果とコツは?

カラオケを歌うと1曲当たりのカロリーが出るところもあるように、カロリーを消費することはご存知かと思います。カラオケには、そのほかにも色々な効果があるのでコツとともにご紹介していきましょう。

効果

カラオケダイエットの効果には、次のようなものが挙げられます。

  • カロリー消費
  • 腹筋が鍛えられる効果
  • 顔痩せ効果
  • 若返り効果

カロリー消費効果とコツ

カラオケで表示されるカロリーは、マイクへの声量や発声時間、曲のテンポなどをもとに計算されるため、同じ曲でも人によって消費カロリーが異なってきます。つまり、消費カロリーを上げるには、声量をあげることと発声時間を意識すること、バラードよりもアップテンポな曲を歌うことがコツです。ちなみに、カラオケDAMでの近年のカロリー消費ランキングは次のようになっています。

<消費カロリーランキング>※株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ
  1. 長編歌謡浪曲無法松の恋(中村美津子)36.1cal
  2. 告白(ラッドウィンプス) 18.5cal
  3. 明日も(SHISHAMO)17.8cal
  4. 恋を知らない君を(NEWS)17.5cal
  5. 真夏の通り雨(宇多田ヒカル)17.1cal
  6. フラレガイガール(さユり)17.0cal
  7. 茜さす(エメ)16.7cal
  8. 二人セゾン(欅坂46)16.6cal
  9. ラストシーン(いきものがかり)16.6cal ※同率8位
  10. DearBride(西野カナ)他 16.3cal

1位の中村美津子さんが歌う長編歌謡浪曲無法松の恋は、演奏時間が20分越えで発声時間も長く、腹式呼吸も使うのでトレーニングには最適だと思います(笑)ただ、知らない曲やあまり自分が好みでない曲ばかり歌うのもつまらないので、自分が好きなアーティストや曲をチョイスして楽しみながら練習したいですね。

腹筋効果とコツ

腹筋が鍛えるコツは、歌をうたう時に肺の下にある横隔膜で肺の空気を押し上げる腹式呼吸を意識することです。腹式呼吸は、息を吸うときにお腹に空気を入れてふくらませ(横隔膜を下げるイメージ)、息を吐くときにお腹の空気を出してへこませる(横隔膜を上げるイメージ)呼吸法のことです。カラオケでは息を吸ったり吐いたりするので長時間練習すると筋肉痛になることもあり、スポーツと同じように鍛えられる効果があるわけですね。

腹式呼吸を練習するときは、「吐く」「吸う」をしっかり意識しながらやりましょう。吐くときは、手のひらを口の前に出して手にかかるように息を吹いて出し切ることを意識します。吸うときはアロマなどの良い香りを想像してその香りを身体全体に行き届くイメージで吸ってみましょう。この練習を繰り返していくと息の量をコントロールすることができるようになるので、さびで大きくかつ強く、それ以外で弱くといったように感情表現も豊かになっていきます。

顔痩せ効果とコツ

カラオケは口を動かすので口角やほうれい線を刺激することで顔痩せ効果をえることができます。普段、会社で一日中パソコンを使って人とあまり会話をすることがなかったり、一人暮らしで話し相手がいないと、顔が運動不足になってもったりとした印象になっていきます。そんな方には特にカラオケがオススメです。顔痩せのコツは、アップテンポよりバラード系のゆったりした曲で歌う時にしっかり口を開けることです。バラード系の好きな曲のほかに、「こいのぼり」や「赤とんぼ」などの民謡で練習するのもありですね。

あとは、言葉の母音を意識すると良いです。特に「あ」「え」「お」は口を開くときに目も一緒に大きく開くようにすると顔全体の筋肉を動かすことができます。「あーっ!」「えーっ!」「おーっ!」のように驚くときをイメージすると分かりやすいかもしれません。「い」と「え」のときは口を横にしっかり開いて頬骨を持ち上げることを意識しましょう。また、これはカラオケではありませんが家のお風呂に入っているときに口パクでもいいので練習すると顔痩せ効果がアップします。これは顔の筋肉が温まっているからで、家ならだれにも変顔を見られずに済むというメリットもありますね(笑)

若返り効果とコツ

歌う動作には、普通に呼吸をするよりも多くの肺活量を必要とし、腹式呼吸を用いることで若返りホルモンといわれる成長ホルモンの分泌が期待されます。成長ホルモンというと子どもの成長期にたくさん分泌されるイメージですが、大人でも成長ホルモンは分泌されます。働きとしては、主に次のようなことが挙げられます。

  • 身体の器官に働きかけて組織の成長を促す
  • 代謝をコントロールする

成長ホルモンは、身体の各器官に働きかけることで筋肉や骨をつくったり身長を伸ばしたりするときに役立つものです。また、体脂肪を減らして脂肪を分解するばかりか、加齢やストレスによる肌のダメージを修復する機能があります。これらを腹式呼吸でカラオケをすることで得られるわけですから、やらない手はありませんね!

ビブラートとは?

ビブラートとは、声を細かく上下に震わせる方法のことです。歌手が歌のフレーズを歌うときに、最後のほうを上下に震わせるのを聞いたことがあると思います。そのビブラートには次のように色々な種類があります。

ビブラートの種類

  • ボックス型ビブラート(音程や振幅が一定)
  • 上昇型ビブラート(音程が徐々に上がっていく)
  • 下降型ビブラート(音程が徐々に下がっていく)
  • 縮小型ビブラート(振幅が小さくなっていく)
  • 拡張型ビブラート(振幅が大きくなっていく)
  • ひし形ビブラート(振幅が大きくなったあと小さくなっていく)

これだけありますが、腹筋を鍛えてダイエットすることや遊びで使うためのビブラートでは一般的なボックス型で十分です。ボックス型は次のようにさらに3つに分かれます。

ボックス型の種類 特徴など
小刻み(ちりめんビブラート) Gacktさん、宇多田ヒカルさんなどで多い
ふつう 一般的なポップス
ゆったり 演歌歌手やバラードなど

小刻みやゆったりはいきなりは難しいので、まずは一般的なポップスで使われている普通のビブラートを練習するとよいでしょう。

どうやったら出せる?

ビブラートを出すには、3つの出し方を意識しましょう。

  1. 喉でかける
  2. 顎でかける
  3. 横隔膜でかける

喉でかける方法が一番一般的です。例えば、「あ」と「ァ」の音の大きさの違いだけでもすぐに出せます。「あ」を普通の声の大きさで、「ァ」をやや小さめの声の大きさで次の文を息を切らずに続けて読んでみてください。

あァあァあァあァあァあァあァ

声で「あ」と「ァ」を言い換えて喉でビブラートできると思います。これを練習していくと、Gacktさんのように小刻みに震わせるちりめんビブラートになっていくわけですね。詳しい練習方法については後程ご紹介しているので、そちらを参考にしてみてくださいね。

ビブラートの練習方法は?

ビブラートの練習方法ですが、本格的で代表的なものを3つご紹介しましょう。

1、母音を強調する

さきほどの「あァあァあァあァあァあァあァ」の読み上げでやったことを子音も入れて入れて練習してみましょう。例えば、「かあァあァあァ・・・」のようにして子音と母音をミックスさせたうえで母音を強調して声を揺らす練習をします。ポイントとしては、音の揺れを均一にして極端に長く(短く)ならないようにすることです。目安としては1秒間に6回の周期でやってみると良いでしょう。

2、音程を上下する

出しやすい高さでokなので、その音を2~3秒キープします。そこからだいたいの感覚で半音下げてまた2~3秒キープし、また元の音に戻る、の繰り返しです。今はスマートフォンのアプリでもピアノアプリがあるので、それに合わせてやると手軽でいいですね。ポイントは、音程を変えるときも音を途切れさせないことで、音程をスムーズに行くように意識しましょう。

3、顎を使う

上記の練習法でも上手くいかない方は是非試してみてほしい練習法で、「おうおうおうおうおうおう」としっかり声を出すことで自然に顎を揺らして声を揺らします。これをスピードアップさせていって声の揺れを作り出すわけですね。これが出来たら、「おう」以外の言葉で同じ感覚を使って顎を揺らせて声を震わせましょう。

これらの練習である程度ビブラートが出来るようになったら、自分が歌いたい曲の中で少しでもいいのでチャレンジしてみましょう。歌の中で歌うとビブラートだけではなくテンポや歌詞など色々なことに注意しなければならないので難しく感じると思いますが、慣れていけば出来るようになるので、あきらめずに続けてみてくださいね。

ビブラートの練習方法については、次の動画が分かりやすく紹介してありますので参考にしてみてください。(4分40秒過ぎから)

一人カラオケにおすすめのカラオケ店

さきほどご紹介した練習方法は家でも練習できますが、家族がいたり近所迷惑になったりする可能性があってなかなか練習できないという人もいると思います。カラオケは大人数やカップルで行くというイメージがありますが、今では一人カラオケをする人口が増え、一人カラオケ専用の店舗などもあるほどです。それでは、一人カラオケにおすすめのカラオケ店をご紹介しましょう。

歌広場

歌広場の魅力は、とにかく非常に安いということです。以前は料金が安い分ワンドリンクを注文しなければなりませんでしたが、一人カラオケの増加にともなってドリンクバーの利用へサービスが変更されました。歌広場は一人カラオケを推奨していて、一人でも入りやすいようにこのようなサービス変更や従業員への教育を強化しています。

歌広場では、歌倶楽部というメルマガ会員になることで会員特典を利用することが出来るサービスがあります。会員特典としては、次のようなものが挙げられます。

  • いつでも室料5%オフ
  • 月1回は室料が50%オフ
  • 誕生日月は室料が50%オフ

歌倶楽部に入会するには、店舗詳細の中にある「歌倶楽部登録用アドレス」に空メール送信すると登録フォームが返信されてきます。誕生日や性別などの入力だけで上記のような特典が受け取れるので、是非チェックしてみてくださいね。

カラオケ館

カラオケ館は関東の他にも北海道や大阪、福岡など全国展開しているカラオケ店で、一人カラオケ専用ルームもあるので誰にも気を使わずに楽しむことができます。デモテープも作ることができ、オリジナル曲を歌うこともできるため、プロミュージシャンを目指している方が練習として使うこともあります。

カラオケ館も料金が安く、都内での会員料金30分90円で利用できる時間帯もあり、カラオケ館に引けを取らないサービスを展開しています。会員になるにはカード発行料金として200円かかりますが、ルーム料金が25%割引になるのでとてもお得です。また、入会費年会費無料のケータイ会員になれば獲得したポイントに応じてクーポンをゲットすることができます。

さらにさらに、VIP会員カード(5000円)というものが存在し、いつでもVIPルームやファーストクラスルーム(通常料金+数百円)が通常料金になるので、毎回特別な雰囲気で歌いたい人にとってはお得な内容となっています。

まとめ

今回ご紹介した内容をまとめると、次のようになります。

  • カラオケダイエットにはカロリー消費や腹筋を鍛える効果の他、顔痩せや若返り効果もある
  • 歌う時は腹式呼吸を意識する
  • ビブラートの練習法で一般的なのは喉でかける方法
  • 最近では一人カラオケ人口が増えていて、専用ルームがあるお店も

人前では恥ずかしくて歌えないという人も、一人専用のカラオケができた現在はとても歌いやすい環境になってきています。好きな歌を歌ってストレス解消するだけでなく、ダイエットやアンチエイジングができるので、是非腹式呼吸を意識して取り組んでみてくださいね!