2016年に徐々に色々なところに導入され始めたVRは、頭にゴーグルのような機械をつけて360度の世界を楽しめる独特な外観と、8兆円ともいわれる巨大な市場規模で各業界から熱視線を送られています。話題にはなっているとはいえ、機能や注意点などどのようなものかについてはまだ知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、VR体験について実際の導入例を挙げながら注意点や都内のVR体験ができるスポットなどを紹介していきます。

VR体験について

まずは、VRについてどんなものかを見ていくことにしましょう。

VRとは?

VRとは、Virtual Realityの頭文字をとったもので「仮想現実」と訳されます。仮想とは、最近では仮想通貨などがあるように「実際には無いが仮にあるものと想定すること」を指します。つまり、仮想現実とは「実際にはそこには存在していないもの実際のものとして近くする世界」のことで、コンピュータの中につくられた仮の世界をあたかも現実のように体験させる技術がVRというわけです。

これまでは画面の中で画像の精度を上げたり3Dのように画面の中から飛び出すような映像を見れたりしましたが、あのゴーグルのような世界の中には360度の世界が広がっていて、映像による視覚や音による聴覚だけでなく、さらには味覚や触覚など五感を刺激することによりその世界に入り込むことができるようになっているということですね。VRはゴーグルというイメージですが、実は衝撃などを感じられるVRスーツや触覚を感じられるベストなど色々なものがあります。

VR製品について

まずは、一般的なVRから見ていきましょう。

ゴーグル型VR

VRの元祖ともいえるのがオキュラス社が製造したゴーグル型の「オキュラス・リスト」で、パソコンとの組み合わせをしていきます。その後、他社製品でも同様のパソコン接続型のVRが登場していますが、プレイステーションと接続する「プレイステーションVR」も登場しています。プレイステーション4との組み合わせで、プレイステーション本体とVRセットで10万円以内と手の届かない金額ではない点が魅力ですね。VRが体験できるプレイステーションソフトも充実していて、例えば次のようなものがあります。

  • THE PLAYROOM VR(巨大な怪獣と戦ったりお化けを退治して街の平和を守るゲーム)
  • バイオハザード7レジデントイービル(ゾンビと戦うサバイバルホラーゲーム)
  • Farpoint(未知の惑星で襲いくる生命体と戦うシューティングゲーム)
  • DRIVECLUB VR(超高級マシンに乗って競争するレーシングバトルゲーム)
  • 初音ミクVRフューチャーライブ(初音ミクのライブステージを体験できるVRライブコンサート)

この他にもRPGゲームやキャラクター体験ゲームなどがあり、特にシューティングゲームなどは盛り上がりそうですね!

スーツ型VR

VRはゴーグル型だけではなく、全身スーツもあります。有名なのがTeslasuitで、全身を覆うボディスーツに電気をとおして触覚を生じさせ、ゴーグル型と組み合わせることで映像と衝撃がマッチしてまさにその空間にいるかのような感覚が味わえます。例えば、ゲーム中に誰かに触られたときや銃で撃たれたとき、爆風の風圧の威力などを受ける感覚などを体感できるというわけです。触覚をつくるチャンネルの数は全体で50箇所以上にもおよび、まさにピンポイントで体感可能です。これまではコントローラーが振動してリアリティを出していましたが、さらにその先を行く感覚を味わえるということで、バイオハザードなどは怖すぎてできない人もいるでしょうね(笑)

手袋型VR

スーツ型VRの他に触覚を楽しめるものとして、手袋のように手にはめるタイプのVRもあります。有名なのがHaptoVRで、手にはめてそのままゲームができるBluetooth対応コントローラーです。手のひらの部分に20箇所もの突起がつけられていて、そこがゲーム中に動いて何かに触れた感覚を味わえるというから驚きです。さらに、指の部分にはボタンが4つあり、画面で出てきた物を掴んだり押したりといった動作もできる細かさ。まさにその空間で生活をしているような感覚になりそうですね。

VR体験する際の注意点

もう一つの世界に住めるような感覚を生み出すVRですが、家庭用だけでなく後述しているように様々な場所で体験することができます。体験の際にも説明があるとは思いますが、事前にどのような注意点があるのかを説明しておきましょう。また、こちらでご紹介するのは一般的な注意点なので機器や施設によっては異なることもあるのであらかじめご承知おき頂ければと思います。

年齢制限

13歳未満は、視力障害の原因になる恐れがあるのでVRを使用できない場合があります。仮想現実はコンピュータが作り出す世界のため、目と手の反射的な協調能力や平衡感覚などに影響を及ぼすことがあるので、13歳以上であっても18歳未満は保護者同伴で使用時間を制限する必要があります。もちろん、18歳以上であっても定期的に休憩をとって使いすぎないことが大切です。

利用制限

VR体験施設によって異なりますが、体験によっては次のような人は利用できない場合があります。

  • 暗所恐怖症の方
  • 騒音過敏症の方
  • 肌が弱い方
  • 妊娠中の方
  • 呼吸器系疾患の方
  • 泥酔中の方
  • 視覚や聴覚に障がいを持っている方
  • 恐怖を感じる体験が苦手な方

また、メガネの形や大きさによっては体験できない施設もあるので、施設の係員に事前に聞いておきましょう。

発作や眼精疲労、酔いなど

体験内容によっては光の点滅が激しかったり、画面がめまぐるしく変化することによって発作や重度のめまいが起こることがあります。過去に発作やしっしん、てんかんなどを起こした経験がある人は、事前に医師に相談したうえで使用するようにしましょう。こうした症状を起こす可能性を少しでも低くするため、「睡眠不足時には使用しない」「30分ごとに10分程度の休憩を入れる」などの配慮が大切です。

また、ゲームとの相性によっては眼精疲労や乗り物酔いのような症状が出ることもあり、不調を感じた場合は使用を中止するか休憩時間を増やすようにしましょう。使用後の不調のまま運転や機械操作、自転車などの平衡感覚を必要とするような活動は大変危険なので、完全に回復するまでは待つようにしてくださいね。

使用中に気分が悪くなった場合は?

家庭で利用している場合はすぐに中止すればよいですが、体験施設などでVRを使用中に気分が悪くなった場合は、係員にその旨を伝えましょう。施設によって体験中の注意事項についての説明が必ずあるので、「途中でやめたくなったら手を挙げる」などの指示を守りましょう。

体験の内容によっては「利用中は大声や物音を出さないように」のようにしている施設もありますが、ゲームセンターなどの騒音が大きい施設でただ単に叫んでも怖がっているととらえられて機器を外してもらえないこともあるので、体験施設のホームページで利用上の注意を事前に確認しておくことも必要ですね。)

都内のVRスポット

VRスポットは都内ではもはや珍しいものではなくなり、様々なところで導入されています。それでは、実際に体験できる都内のVRスポットをご紹介していきましょう。

ゲームセンター

様々なゲームがVRで体験できるのがゲームセンターです。ゲームセンターも時代とともに進化していて、VRをメインで楽しめるゲームセンターもあります。

VR PARK TOKYO

VR PARK TOKYOは、VRを楽しめる最先端のエンターテインメント空間で、ここでしか遊べないオリジナルのアトラクションもたくさんあります。

体験ゲーム(一部)
  • リアル野球盤対戦型VRアトラクション
  • 魔法のじゅうたんに乗って冒険するVRアトラクション
  • 高層ビルでの銃の打ち合いを楽しめる高所脱出型VRアトラクション
  • ブランコ状のハーネスに吊るされた状態で昇降を楽しむ落下型VRアトラクション
  • スピード感を楽しめるVRドライビングシミュレーター
  • 大人気スマホアプリ「黒騎士と白の魔王」の世界を楽しめる冒険型アトラクション など
料金
事前予約 当日入場
平日90分遊び放題 2,900円 3,300円
休日90分遊び放題 3,300円 3,500円

フリードリンクやゲーム無料クーポンなどが入場特典としてついてきます。

アクセス

東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル4F

営業時間

10:00~23:20(土曜日は23:30まで)

VR PARK TOKYOの公式サイトはこちら

パーティや懇親会、お誕生日サービス、合コン企画などイベントが盛りだくさんで色々な利用方法があるので、特にオススメのVR施設です。是非チェックしてみてくださいね。

VR ZONE SHINJUKU

VR ZONE SHINJUKUは、2016年東京お台場で最先端のVR技術で圧倒的な没入感と現実感を作り出したVRエンターテインメント施設が新宿のど真ん中に復活しました。「驚愕のホンモノ体験」ができるとオープン後から話題のおすすめVR施設でもあります。

体験ゲーム(一部)
  • ドラゴンボールVR秘伝かめはめ波
  • マリオカートアーケードグランプリVR
  • エヴァンゲリオンVR
  • 釣りVR
  • 急滑降体感機スキーロデオ
  • 巨大風船爆発ルームパニックキューブ
  • バーチャルリゾートアクティビティトラップクライミング/ナイアガラドロップ
料金

当日チケットと事前予約チケットがありますが、当日チケットは数に限りがあるので事前予約をおすすめします。事前予約は1day4チケットセット4,400円(税込)になり、入場チケットと下記の色ごと分かれている各体験施設の中から1つ体験ができるシステムになっています。

チケットの種類  体験施設
レッドチケット ホラー実体験室
極限度胸試しハネチャリ
恐竜サバイバル
ブルーチケット ガンダム
エヴァンゲリオン
ドラゴンボール
イエローチケット マリオカート
高所恐怖SHOW
装甲騎兵ボトムズ
グリーンチケット スキーロデオ
アーガイルシフト
釣り

パニックキューブやナイアガラドロップ、トラップクライミングは色に関係なくどのチケットでも体験ができ、近未来制圧アリーナ(4人1チームのチーム対戦型VRアクティビティ)は別チケットが必要です。上記の1day4チケットとセットの場合は7,200円、近未来制圧アリーナと利用入場券のみの場合は3,600円になります。

アクセス

東京都新宿区歌舞伎町1-29-1

営業時間

10:00~22:00(最終入場時間21:00)

VR ZONE SHINJUKUの公式サイトはこちら

ドラゴンボールやエヴァンゲリオンなどの日本の伝説ともいえるアニメのキャラクターたちと接しながらゲームができたり、ゲームの殿堂ともいえるマリオカートなどをこれまでにない空間で楽しめるのはたまらないですよね。季節ごとのイベントやイートスペースにはパックマンをかたどったカレーやショコラなどすべてにおいてエンターテインメントが浸透しているので、誰でも楽しめる施設となっています。

他にも、秋葉原のVRパラダイスや東京ジョイポリスなどにもゲームセンター系のVR体験施設はありますが、上の2つは国内最大級で本格的に楽しめるオススメVR施設となっていますので、是非体験してみてくださいね。

カラオケ

ゲームセンターの本格的なVR施設には及びませんが、最近ではカラオケでもVR(KDDIカラオケVR)を体験することもできます。KDDIカラオケVRが導入されている店舗はJOYSOUND品川港南口など少数ですが、今後拡大していく予定です。事前準備は必要なく、カラオケのマイクや伝票などと同じように貸し出されるので部屋の中のVR利用ガイドを見ながら使いましょう。品川港南口店ではVR機器を約10台用意していて、空いていれば複数レンタルも可能になっています。

体験内容(一部)
  • アイドルグループ「マジカル・パンチライン」の新曲視聴やメンバーとのデートなど
  • 3月のライオンの聖地巡礼プロモーションムービー視聴
  • ギガ恐竜展のプロモーションムービー視聴
  • ひるね姫のプロモーションムービー視聴

まだまだ内容は少ないですが、家庭用のVRを購入する前やがっつりゲームセンターで体験する前にどのようなものか試したい、体験売り場などで実際にやるのは周りの目が気になる、などの人にとってはカラオケで体験できるのはメリットがありそうですね。

料金

料金は30分300円、フリータイム1,500円とゲームセンターよりは安いですがそこまで種類も多くないので、プチ体験といったところでしょう。カラオケで歌うのはカロリーも消費して体力も使いますから、ちょっとした休憩でVRを見て、となれば使い勝手も良いですよね。

アクセス JOYSOUND品川港南口店

東京都港区港南2-5-12

営業時間

12:00~翌5:00(金・土・祝前は翌6:00)

JOYSOUND品川港南口の公式サイトはこちら

カラオケでは体を動かしてVR体験をといったものではないですが、カラオケ自体はカロリー消費も多く腹筋の引き締めもできるダイエット効果が期待できます。どうせやるなら、歌もうまくなりながらダイエットもできると最高ですよね。そういった方向けの記事もありますので、是非参考にしてみてください。

カラオケダイエットで腹筋を鍛える!腹式呼吸でビブラートを出す方法

スポーツジム

まだまだスポーツジムでVRを導入しているところは少ないですが、景色が変わって飽きないVR体験をしながらなら運動もはかどりそうですよね。CYCLE&STUDIO Rでは、世界的フィットネスプログラミング開発会社の特化型スタジオで音楽と圧倒的な映像美の中で本格的なトレーニングをすることができます。

内容

40分のサイクリングをしながらVR映像の旅を楽しむ運動で、映画館並みのスクリーンとサウンドシステムで新感覚の世界を楽しむことができます。

アクセス

東京都渋谷区宇田川町23-3渋谷第一勧銀共同ビル5F

営業時間

火~金 7:00~15:00、17:30~23:00
土日祝 10:00~20:00
月曜定休

CYCLE&STUDIORの公式サイトはこちら

VRだけでなく、一般的なジムと同じくバーベルを使ったトレーニングやバイクを使ったトレーニングなどもできます。体験レッスンもすることができるので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。

まとめ

今回の記事をまとめると、次のようになります。

  • VRにはゴーグル型だけでなくスーツ型や手袋型など様々な形態がある
  • 年齢制限や利用制限などがあるので、利用前に必ず確認する
  • カラオケやスポーツジムなどにもVR体験ができる施設はあるが、ゲームセンターが本格的でオススメ

今後VRを体験できる施設は映画館やインターネットカフェなど色々なジャンルに拡大していき、家庭でも一家に一台となる日も近いかもしれません。非日常空間を楽しめるものですが、利用時の注意をしっかり確認して安全に使用して楽しむようにしましょう。